音楽劇
『A BETTER TOMORROW
-男たちの挽歌-』

Modal Close Btn
Modal img
日程
【東京】6月24日(月)~7月8日(月)
会場
日本青年館ホール

今蘇る、熱き男たちの魂の物語!
世界を変えた伝説の香港映画『男たちの挽歌』が待望の舞台化!

Introduction

華麗なアクションと独自の映像美で鮮烈な印象を残す、香港映画の傑作『男たちの挽歌』(1986年)が、世紀を超え、国境を超え、「音楽劇」として、あらたな鼓動を打ち始めます。
『男たちの挽歌』は、過酷な環境のもと、裏社会で生きざるをえなかった男を中心に、刑事となった弟との葛藤と絆、同じくはぐれ者として生きる親友との繋がり、それぞれの“信義”のあり方を描く物語。激烈で華麗なガンアクション、 “バイオレンスの詩人”と謳われたジョン・ウー監督ならではの映像美、そしてチョウ・ユンファ、ティ・ロン、レスリー・チャンら個性豊かな俳優たちの演技で世界を驚かせ、大ヒットを記録し、クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲス、ウォシャウスキー姉妹など、次世代のクリエイターにも多大な影響を与え、アクション映画史を変えたと言われています。
 舞台版のオリジナル脚本、演出を担うのは、『焼肉ドラゴン』(08年初演)をはじめとする在日三部作のほか、『泣くロミオと怒るジュリエット』(20年)、『てなもんや三文オペラ』(22年)、『欲望という名の電車』(23年)など、一貫して、社会の片隅で力強く生きる人々の姿を描き続けてきた劇作家・演出家の鄭義信。
原作の核でもある兄弟愛や友情のドラマ、人と人がぶつかり、つながるパワフルなエネルギーはそのままに、香港の現代史を踏まえた、大きな社会のうねりを体感できるドラマを立ち上げます。

香港を代表するスターの競演も印象に残る原作を踏まえ、W主演をつとめるのは、Travis Japanの松倉海斗、川島如恵留。
映画ではレスリー・チャンが演じた弟・キット役には松倉が扮し、兄への反発から正義感を燃やす青年の繊細さと情熱とを表現します。同じくチョウ・ユンファが演じ、二丁拳銃を手に敵地に乗り込む姿をはじめ一挙手一投足が注目された兄の親友・マーク役は川島が担い、スタイリッシュな振る舞いの中にも熱い情を抱く男を体現します。帝国劇場など大劇場での豊富な演技経験に加え、グループで挑戦したアメリカ武者修行も経た歌、ダンスの実力は、両者とも言わずもがな。ヒップホップやロックの要素をふんだんに取り入れた、本作の音楽劇としての側面を豊かに膨らませてくれるはずです。
グローバルデビューに加え、米NBCの公開オーディション番組『America’s Got Talent』への挑戦など、世界の舞台に挑戦してきた二人の、俳優としての新境地にもぜひご注目ください。
さらに、主演の二人を支える俳優陣にも実力派が集結。物語の柱を担うホー役を劇団EXILEの青柳翔が演じるほか、岡田義徳、尾上寛之、上瀧昇一郎、清水優、中村まこと、福井晶一、神保悟志と個性豊かな面々が、現代香港に生きる人々を活写します。

Story

組織の要であるホー(青柳翔)は、親友で弟分のマーク(川島如恵留)から、香港に渡って新生活を送ることを提案される。ホーは、返還を目前に控えた香港で、マークと共に犯罪組織の三合会に加わり、偽札の製造、取引に関わっていた。そして、病気の父・ディエンと学生の弟・キット(松倉海斗)を養うため、幹部として仕事をこなすホーだった。しかし、キットはホーと、マークが裏組織で働いていることを全く知らない。知らないどころか大学を卒業して、正義感に燃え警官になろうとしていた。そんなことも手伝いホーはキットの警察への就職を機に足を洗うことを父に約束し、最後の仕事として台湾での取引に向かった。だが取引は密告されており、警察に取り囲まれたホーは、ボスの息子・シンを逃して、自首。一方、香港では、取引の失敗を受けた三合会が、口封じのためにホーの家を襲撃。ディエンは殺され、キットは尊敬する兄が組員だったことを知ってしまう。さらに事情を知ったマークは報復を決意、裏切り者の一派が集うレストランに単身で乗り込み、敵を皆殺しにするが、足を負傷してしまう。

8年の服役を経てホーは出所した。だがキットは父の死の原因をつくり、出世の妨げともなっている兄を受け入れようとはしない。それでもホーは和解を願い、今度こそ堅気となって穏やかに暮らそうとするのだが——。

Tickets & Schedule

   6月  7月
 24日  25日  26日  27日  28日  29日  30日  1日  2日  3日  4日  5日  6日  7日 8日
 13:00    
 ●  ●  ●  ●  ●  ●
 ●  ●  ●  ●
 18:00  ●  ●  ●    ●      ●  ●    ●    

【東京公演】
公演日程:2024年6月24日(月)~7月8日(月)
会場:日本青年館ホール

チケット料金(税込):S席 12,500円 A席 10,000円
一般発売:5月18日(土) 10:00

Cast & Staff

松倉海斗 川島如恵留
青柳 翔 岡田義徳 尾上寛之 上瀧昇一郎 清水 優
中村まこと 福井晶一 神保悟志
加藤照男 進藤ひろし 松上順也 五味良介 羽鳥翔太 稲葉俊一 嶋村昇次 森野憲一 榊 海搭


【脚本・演出】 鄭 義信
【原作】映画『男たちの挽歌』(監督:ジョン・ウー)
“Based on the Film A Better Tomorrow owned by Fortune Star Media Limited”

会場

Tickets

チケット購入

注意事項

【チケットお申込み注意事項】

※本受付では、TBSチケット会員登録は必要ございません。
※お申込み完了後、申込内容確認メールを送付しますので、メールアドレスは必ずお間違いないようご登録をお願いします。
また、TBSチケットでの販売とは異なり、マイページの「購入履歴」では購入内容をご確認いただけません。購入内容は、申込内容確認メール、もしくはチケット申込サイト内の「申込履歴」にてご確認ください。

【先行抽選予約に関する注意事項】

※1回のお申込みにつき2枚までお申込みいただけます。
※抽選受付期間中に限りチケット申込サイト内の「申込履歴」よりお申込み内容の取消しを行うことができます。抽選受付期間終了後のキャンセル、変更はお受けすることができませんので、お申込の際は、ご希望日時・枚数をよくお確かめの上、お申込ください。
※当選チケットは2024年6月10日(月)以降に発券可能となります。お座席番号は発券後、チケットにてご確認ください。

【公演に関する注意事項】

※未就学児入場不可。
※チケットはお一人様1枚必要(ひざ上は不可)。
※車椅子をご利用のお客様はチケットをご購入の上、キョードー東京までお電話にてお問合せ下さい。
※原則公演延期・中止の場合を除き、チケットの払い戻しはいたしません。 
※やむを得ない事情により出演者が変更になる場合もございます。出演者の変更による払い戻しはいたしません。
※営利目的の転売禁止。


キョードー東京 0570-550-799(平日11:00〜18:00/土日祝10:00〜18:00)


主催:キョードー東京/TBS/イープラス

このイベントをシェア

  • Twitter(現X) Icon
  • Facebook Icon
  • Line Icon